スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日の原宿竹下通りの様子です。この中を車いす介助できる自信はありますか?

先日土曜日の、車いすで「じゃり道人ごみ公共交通機関を利用する研修」。

原宿竹下通りを車いすですり抜けてきました。

当日の竹下通りの様子です。


いかがですか?

この人ごみの中を車いすの方をご案内できる自信はありますか??


自信がないわ、、、という方は、
「じゃり道人ごみ公共交通機関を利用する研修」に参加してはいかがでしょうか。


日程詳細&お申し込みはコチラです。
http://www.travelhelper.jp/event/index.cgi


さて、今回の参加者の感想です。

機関今回初めてじゃり道に参加してじゃり道を通る際の対処法を実際に体験し、
前輪を上げて進む大変さと、乗っている場合の不安さを感じました。
前輪を上げて進むのは振動が少ないですが、後ろに倒れてしまわないかとても不安でした。
信頼している人ではないと難しいと思います。


普段は何気なく歩いているけれど、車いすが1つ加わるだけで
こんなにも注意・確認しなければならないことがあるのだなと感じさせられました。
車いすを押しているのも、じゃり道ではこんなに押し方が違うのだなと思いました。
押す側だけでなく実際に座ることができたのがとてもよかったです。
坂道での恐怖感、じゃり道での座りづらさ、人ごみでの思うようにいかない感覚がわかりました。
それらを取り除くためにはもちろん技術もそうですが、
たくさんの会話をし、少しでもお客様の緊張を和らげることが必要なのだなと思いました。


事前準備を十分行うことが現場での色々なケースに対応できる
車いすの操作に色々なテクニック、注意があることが判った
駅での駅員の誘導、補助を有効に使うことが安心につながる


日頃気付かない段差が非常に大きく感じた。
介助される方、する方で体感温度が全く違う
安心・安全以外にも気をつけることがたくさんある
また、お客様の気持ちを理解、共有し行動することで楽しませることができる。
会話をし、同じ目線で見ることでお客様の足の代わりになれるのではないか

コメントの投稿

Secret

プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。