スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色カルタ。

日本パーソナルカラー協会の三浦南海子さんがいらっしゃいました。

三浦南海子さんは「彩色ケアが認知症を変える!」の著者のお一人です。

41Xzgb9hlJL._SL500_AA300_[1]

「色」は誰もが当たり前に見ているものです。
と同時に、さまざまな事象は、実は色を伴って私たちの記憶の中、
心の中に留まっていることが多いものです。
そこに着目し、
色を意識することで認知症の方へ働きかけようという方法が、
著者の提案する「彩色ケア」です。
彩色ケアは
介護領域の第一人者折茂賢一郎医師と
パーソナルカラリスト三浦南海子氏のコラボレートによって生まれました。
本書では、その具体的なツールとして「色カルタ(クオリア・ゲーム)」を紹介しています。
http://www.f-welfare.net/2010/07/23090/より引用。


そして、「色カルタ」クオリア・ゲームにチャレンジしました。

20100720120625.jpg

カラフルなカルタを前面に広げて、、

好きな色は?

明るい色はどんな色?

緑ってどんな色?

今の季節に咲いている花の色は?

空はどんな色?

飼ってるペットはどんな色してる?

自分の部屋のカーテンの色は?

今日みたいに暑い日に食べたい色は?

小学生の頃の思い出の色は?

新婚の時の色は?

などなど、、、リーダー(読み手)のいう色を取っていきます。

ルールは何もない。

ただ、自分のイメージで色を選んでみるだけ。

ただ選ぶだけ、、なんだけど、

思った以上にワクワクするんです。

ワタシの好きな色は「赤」。

だけど、、赤も何種類もある。

同じ赤からいちばんピン!とくる赤はどれかな??と考えながら、

これだ!!って、取るのは、なんだか楽しい。

そして、リーダーが、

千弘さんは、その色が好きなんですね!
なんで?

なんて聞いてくれると、

ペラペ?ラ、ペラペ?ラと、自分の気持ちや思いを話す。


ワタシの選んだ色目はこちら。
20100720120703.jpg

同じ質問でも、選ぶ人によって違う色目。
20100720121003.jpg



色カルタで、色を選ぶことによって、

自分の感情や思い出を思いめぐらせて、

ことばのキャッチボールからコミュニケーションが生まれる。。。


色を通して、

楽しみながら、自然に、会話がはずみました。


三浦さん、レクチャーをありがとうございました!

コメントの投稿

Secret

プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。