スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セピア色のあの頃の写真と父の歌。

まずは写真をご覧ください。

じいちゃんバンド2コピー
戦後間もない頃のダンスホールの様子。

クリスマスパーティだそうです。

その頃流行っていた服装や髪形でしょうか。

今でいうCLUBか。。。

じいちゃんバンド1コピー
一番左でギターを弾いてるのが、二十歳そこそこのワタシの父。



父は10人兄弟の長男で、

生活のため、弟妹の学費のため、

昼間は家業を手伝い、

夜は、楽器が得意だったので、

ダンスホールでギターを弾いてアルバイトしていたそうです。


夜遅くアルバイトから帰ると、祖母が夜食を作って待っていてくれたそうで、

祖母のうれしそうな顏とおいしいにぎりめしに励まされて、

がんばれたんだよ、と、話してくれました。


そんな当時の父を知る後輩が、久しぶりに訪ねてきてくれたそうです。

じいちゃんと双葉さん
左が父。82歳。

この方は、その後、作曲家の服部良一さんの弟子になり、

音楽一筋でこられたそうです。


二人で「あの頃」のことを大いに語って、とても楽しかったよ、と、父。



そして、「永倉昭一の歌」を作ってくださったそうです。

永倉昭一はワタシの父です。

じいちゃん歌

歌詞の上の文字を続けて読むと「ながくらしよういち」。


ピアノの伴奏で自ら歌ったDVDもプレゼントして下さいました。



「ちいさなしあわせそれだけでいい」って、歌詞の通りだよね?、

いろんな苦労があったけど、

今になったらみんないい思い出。

と、話す父と母を見ながら、

セピア色の写真の中の父を見ながら、

「永倉昭一の歌」を聴きながら、

なんだか感慨深いワタシです。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。