「トラベルヘルパー養成講座二泊三日合宿研修 」東京駅の「裏のカオ」。

トラベルヘルパー養成講座二泊三日合宿。

今回の合宿の場所は寄居。

前回も雨の中の合宿でした。
http://piggy2525.blog66.fc2.com/blog-entry-1846.html

今回は、晴れ→雨→曇り、という展開。

晴れの日の車いす操作、雨の日の車いす操作、曇りの日の車いす操作。

いろんなシチュエーションを「天気」が違うとどうなのか、と検証も出来たと思います。



東京駅構内を車いすで移動する時、
駅スタッフの方が「地下道」をご案内して下さいます。

東京駅の「裏のカオ」見られます。




研修生、きょろきょろしてますね(笑)。


今回は
経済産業省の「医療・介護周辺サービス産業創出調査事業」コンソーシアムのメンバーからも
参加いただいてます。


合宿についての講師として同行した篠塚理事長の感想です。

本日、ボンセジュール3施設のケアマネ、相談員の方々3名と東伊豆町のガイド2名が参加した合同合宿、
トラベルヘルパー養成講座が合宿が修了ました。

他に旅行業経験者、介護移送の起業を計画している研修生がおり、
発地、着地、コーディネーター、交通事業者という役割を担う人がちょうど集ることとなり、
午前中、かなり深い議論を交して夕方、戻りました。

3名とはモデル事業の旅行計画教室から、先のモデル旅行実施、
さらにこの研修までの3か月間ご一緒させていただき、
あらためて介護サービスに対して真摯に取り組む業務姿勢に感心しました。

こういう人が周囲にいてくれるお年寄りは、
本当に幸せだと思いますし、よいスタッフを持っていらっしゃると感じました。

そんな人でも、精いっぱい努力しているにもかかわらず、
食事のこと、安心、安全があっても自由がないという入居者の不満に現状を嘆いていました。

また、よい仕事をすればするほど保険点数が下がって、会社に後ろめたいことをしたの思いに駆られるなど、制度がかかえた構造的な矛盾は、本調査事業における前提条件の問題であり本質的な課題と感じました

はじめは社命で担当となり、
わけもわからず参加していただけとのことでしたが、
今回の事業を通じて知り合った専門職同士に信頼関係も芽生え、
今後はそれぞれの現場同士が連携し、
互いに顧客のリクエストに応じられるサービス体制を取ろうと最後の感想を述べてくれましたので、
はじめの一歩はスタートできたのではないかと感じました

コメントの投稿

Secret

プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示