スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災直後の写真。復興予感させる写真。写真は物語る。

iPhoneの写真を何気なく見ていたらこんな画像を発見。

明治神宮東北応援 (2)
地震のあった日の夕方の靖国神社の鳥居。

地震直後歩き
赤坂の交差点の様子。

地震のあった時私は打ち合わせの為、本郷東大に向っていました。

地下鉄本郷三丁目の駅を降りたらグラグラ?ッ。

その後ドキドキしながらも3時からの打ち合わせを済ませ、帰社しようとも電車は全面ストップ。

バスも満員でバス停スルー。
タクシーも来ない。

本郷から渋谷オフィスまで歩いて帰りました。

その途中靖国神社の横を通った時に撮った写真です。

なんだか恐ろしく不気味な感じがします。

赤坂の交差点は車と人でごった返してました。

ただひたすら歩きました。

帰ってから持っていた万歩計を見ると、26268歩。18.38km。歩行時間3時間40分。

なのに、なぜか疲れを感じませんでした。



○◎● ○◎● ○◎● ○◎●


そして、この3枚。

明治神宮鳥居
明治神宮の鳥居。

明治神宮参道
参道。

明治神宮東北応援 (1)
明治神宮前で大学生が集めていた「東北応援メッセージ」


この三枚は震災後日曜日13日に、ムスメと渋谷のアパートから歩いて明治神宮へ行ったときに撮った写真。

自宅でテレビを見ていても、現地の悲惨な津波の被害がこれでもか、と映し出されるばかりなので、

じっとしていられない、どこかにお参りしよう、

ということで、歩いて行ける明治神宮へ。


明治神宮前で学生の方が手作りした「東北応援メッセージ」にワタシも書かせていただきました。

このメッセージ、世界中の人の笑顔が日本と地球の形になっているんです。



ムスメと二人で、「祈り」とか「元気」とか「想い」って、

被災した人たちに通じるよね、と、気持ちを込めて願ってきました。



これらの写真、撮ったことをすっかり忘れていましたが、

改めて見ると、その時その時の様子を醸し出している気がします。


震災当日は、騒然とした「絶望、暗さ」を感じますが、

その後の写真にはなんとなく「希望、明るさ」を感じます。


日本にとって、未曾有のピンチだけど、みんなでが心を合せれば、

もっと良い世の中がつくれる、と、なんだか自信が沸いてきました。

コメントの投稿

Secret

No title

突然のコメント失礼します!
好き家と申します!
地震と健康について情報発信しております。よろしければこちらのブログも参考にさせていただきます
プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。