福島県へ移動ボランティアで出向いているNPO日本トラベルヘルパー協会理事長からのメール。

現在、NPO日本トラベルヘルパー協会理事長篠塚恭一は福島県に出向いています。

現地からメールが来ました。

以下、メール文面転送します。


福島県の災害対策本部。
20110327 (2)

避難者リスト。
20110327.jpg


避難所1500人

総合福祉施設

ほぼすべての住人が家族を失っている

物資豊富だが、プライバシーはない

自主運営がうまくいってる

特に中高生が活躍

750人の死者不明者の内、500遺体あがるも損傷ひどく半数が未確認、

地震、津波、原発事故の三重苦は、特別なもの

放射能恐い人は逃げた

ケアの人不足

地元社協、市、商工会、教員が運良く集る

子供ケアの他、イスラム教外国人会が、カレーの差し入れなどボランティアもいる

今日から、連合福島合流


以上です。

あくまでもメールでの状況報告です。

詳しいことは追ってまたご報告します。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示