スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたたかいこの詩のメッセージをなぜテレビ局は放送しないのか?

以下の詩を読んでみてください。


『日本にささげる詩』

地球がいたみでうめき声を発した
自然の強さに全世界がショックをうけ
あらゆるものを水は深海に流した

しかし 何があっても太陽は東から昇る
地震と津波は光には勝てない

我々の神様が
地球の皆の命を保ってくれることを祈る

桜が咲く公園はたくさんあることを
白樺が咲く公園はたくさんあることを
鳥が春の歌を歌えることを
旗が勝利の祝いで挙げられることを祈る

子供たちが大人たちへと願う
友の皆さん 手をつないで

われわれがこの地球において
ひとつの家族になっていることを忘れないでほしい




この詩は、今回ロシアで開催された「フィギュアスケート世界選手権」のフィナーレで朗読された詩です。


今回の「フィギュアスケート世界選手権」は 本来は東京開催の予定だったそうですが、震災の為中止。

ロシアが代替開催として手をあげてくれ、早急に開催準備を整えて1ヶ月遅れで開催となったそうです。

しかも、自国開催を楽しみにしていた日本国民がテレビで中継を楽しめるように、

震災後の日本国民の励みになるようにと、

日本時間のゴールデンタイムに合わせて開会してくれ、開会式では日本を応援する演出までしてくれました。



そしてフィナーレでは、日本選手を中心に、日の丸を象って出場した各国選手が輪になって、日本を励ますパフォーマンスまでしてくれました。

出場選手も、随所に日本へのメッセージを伝えてくれました。

フランスのアモディオ選手は、減点対象となることを承知であえてボーカル入りの曲で
「これは日本の人たちへのささやかな歌のプレゼントだ」と演技してくれたり、

エキシビションでは、日本に祈りを込めて演技してくれた選手もいました。

そして、グランドフィナーレで、この温かなメッセージを込めた詩が、ロシアのフィギュアスケート連盟から、日本に贈られたそうです。

それがこの『日本にささげる詩』。


全文をネットで見ることができます。



が、、、日本でテレビの前でフィナーレを視聴していた私たちの多くには観ること聞くことができませんでした。



なぜだと思いますか??


独占中継したテレビ局が、このメッセージをカットしていたからです。


さらには、安藤美姫選手のロシア語でのお礼のことばも、そのあと日本の現状を英語で伝えたことも、カット。


振り返りVTRをこれでもかと繰り返し流すのに、

こういった世界中の人たちの温かい応援や行為を流さないのはいかがなものか。


衛星放送やネットでは流されていたそうです。

完全生中継をした有料放送を見た友人から、なんともお粗末すぎるこの話を聞いて、心がチクチク痛くなって脱力してしまいました。


みなさんは、どう思われますか。





以上ここまで、メルマガに書かせていただきましたが、

ブログにも書いて下さいとの要望を何人かからいただきましたので、

掲載させていただきました。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。