スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばっべし陸前高田!「移動支援ドライババー」活動から戻ったトラベルヘルパー柴田さんのお土産です。

NPO日本トラベルヘルパー協会では、一ノ関で「支援ドライバー」の活動を続けていますが、

1週間の「支援ドライバー」を終えた、トラベルヘルパーの柴田さんが、

帰りがけにオフィスに立ち寄って下さいました。

20110611 (2)
がんばっべし陸前高田のTシャツを来て、後ろ姿が柴田さん。

ホンベちゃんが持っているのは、「がんばっべし陸前高田」シール。



「がんばっべし陸前高田Tシャツ」をおみやげに持ってきて下さいました。

柴田さん、今度は前から。Tシャツをもったワタシも一緒に。
20110611あ
(柴田さんの現場話や写真に、またまた顔がくしゃついてるね、ワタシ。。。)


以下、「支援ドライバー」活動中に、

携帯メールで送ってくれた柴田さんからのレポートメールをご紹介。


6月5日(日)
気仙沼ボランティアセンターに出かけボランティアコーディネーターに同行して現場の視察、
都民ボランティアの方が暑い中田んぼに流されて来たガレキの撤去をされていました。

きれいになった田んぼの持ち主のおじいちゃんは涙ぐみながら
゛ありがとうございました!とお礼を言っていました。感動的な場面でした。

6月6日(月)
陸前高田のボランティアセンターへ
その後現場への移動中に決壊してしまった防波堤やうず高く積まれたガレキの山に圧倒されています。

6月7日
本日も暑くなり27℃ほどありましたのでボランティアさんの体調が気掛かりです!
今晩ゆっくり休めるように祈ります。
明日都庁の方が交替されるため一関の駅までの送迎業務になります。
またメールします。柴田

6月8日
気仙沼のボランティアセンターを訪問、
その後気仙沼港を視察ガレキと壊れた車の山の中を進む、
恐ろしいほどの力で何もかもを破壊していった津波に
人間が作ったものは全て押し流されて跡形も無くなっている!

6月9日
陸前高田へ、
歩道にたまってしまったガレキや砂などを撤去している現場を
訪問ボランティアさんが人力で頑張った所は歩道が復活していて、
小さな積み重ねが大きな力になる事を実感しました!

昼食に寄ったラーメン屋さんは本日オープンのプレハブ店舗
オープン感謝価格の200円の中華そばは心の奥までしみわたる美味しさでした!
あっというまの一週間が過ぎ明日は東京へ戻ります。
陸前高田でおみやげを買いましたので10日にちょとだけ事務局に寄ろうと思っていますが
どなたかいらっしゃるでしょうか?



震災からすでに今日で3か月です。

東京にいる私たちは日常の忙しさから「震災」の記憶が薄れてしまいがちです。

でも、改めて現場のお話しをうかがうと、

被災地、被災された方の「日常」はまだまだ遠いことだということ。

「震災真っただ中を生きている」ということ。

「復興なんてまだまだ遠い先」ということ。

続けなければいけない、

東北の被災者の方と一緒に、これからも続けなければいけない、

と、強く強く思いました。

SPIあ・える倶楽部は、NPO日本トラベルヘルパー協会とともに、

トラベルヘルパー、ツアーコンダクターと一緒に、

私たちのできることを続けていきます。


柴田さん、ありがとうございました(^O^)/

コメントの投稿

Secret

プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。