トラベルヘルパー育成と外出支援サービスで東北を応援!

弊社では、

福祉医療機構(WAM)「高齢者の外出移動支援サービス人材育成事業」に取り組んでおります。


トラベルヘルパーを育成して、
外出支援サービスを実地して、
東北のご高齢の方に外出で元気になってほしい、
という目的です。




先週の土曜日に第三回委員会が記載されました。

20111126委員会風景


10名で話し合いを持ちました。

NPO日本トラベルヘルパー協会理事長の盛岡視察の報告に続き、

福島、岩手の仮設住宅での聞き取り調査について。


仮設住宅での聞き取り調査やアンケートは、

何に困っていますか、不便は何ですか、というような、

現状調査ではなく、


まず何らかの外出支援サービスを体験していただき、

その後で、

仮設住宅を出てから何がしたいですか、

というような建設的な聞き取りをトラベルヘルパーがする、


ということについて意見交換がされました。


委員会が終わってからも、

委員で共有するメールでは活発なやり取りがなされています。



たとえば、、、

委員のAさんからのメールの一部をご紹介させていただいます。


今朝の朝日新聞に以下の記事

足腰弱る被災のお年寄り
元気だった人でも1~3割訴え(南三陸町三千人分析)

元気高齢者が震災後に歩けなくなったり、

歩きにくくなったりして回復していない人の割合町内仮設では30%。

原因は

「家の外ですることがない」
「家の中ですることがない」
「外出の機会が減った」

震災によって家庭での家事や日課、

地域社会での役割やつきあい、

楽しみや目的が激減したことが影響していると考えられる。

町長「以前のようなリズムで生きがいをもってくらせるようにする内面的な支援が必要」

冬の生活不活発病のリスクについても書いてありました。

外出の促しにしても、個々のニーズに対応するのではなく

コミュニティ再生とつながる形の企画になるといいなと改めて思いました。




トラベルヘルパーで、東北の方の「希望」の応援、みんなで力合わせて続けていきます。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示