2011年、ありがとうございました。

2011年、ありがとうございました。


実は、幕末から明治の時代は、私にとっては、あこがれの時代です。

男性も女性も武士道の心意気をまだ忘れず凛として生きているこの時代が大好きです。

でもそんな遠くない時代です。

私が幕末、明治を思うように、これから近い未来で、昭和や平成の出来事を思うようになるのでしょうね。

平成23年3月11日のことは、歴史に刻まれた忘れられない日です。

私たちは歴史の生き証人としてあの日のこと、あの光景を忘れず、

平成23年を意味ある歴史の1ページにするためにも、

みんなで前を向いて、仲良く暮らすことが大事だと思います。

そのためには、私たち一人一人が幸せで仲良い状態でいることが一番だと思います。

幸せだなと思えなければ、他の人を幸せにすることは出来ないと思います。


今年一年本当にありがとうございました。


来年も、私たちあ・える倶楽部は、元気よく、明るく、楽しく、

トラベルヘルパーサービスや介護旅行を通して、「絆」や「希望」で、

幸せのお手伝いをたくさんしてまいります。



20111220スタッフ写真


あ・える倶楽部スタッフからも一言ごあいさつを。。。


【篠塚恭一】

今年もあ・える倶楽部とトラベルヘルパーに沢山の応援をありがとうございました

年初には講談社さんが本を出して下さり、カンブリア宮殿も2年に渡る取材の末放映して頂きました

他にも新聞、ラジオ、専門誌など数多くのメディア関係の方々が介護旅行を取り上げて下さり、

医療や介護、さらに国の中にも応援者が少し増ました

一番うれしかったのは、そうした記事や番組を見聞きしてくれた介護家族が、

トラベルヘルパーの活動に勇気づけられたと未来に希望と夢を持って下さったことです

東北の復興活動も、まだまだこれからです 観光は雇用のすそ野が広いので継続して頑張ります

年明けは仮設住宅に避難されているお年寄りをフラガールのもとへお連れするツアーを計画します

小さな活動ですが、新年も「愚直」に歩んでいきます NPOともどもどうぞよろしくお願いします

今年一年、ありがとうございました 皆さんも、どうかよい年をお迎えください 感謝


【常木悟】

皆さま、今年一年大変お世話になりました。ありがとうございました。

嬉しいニュースの少ない昨今ではありますが、

私共あ・える倶楽部は、今年は多くのお客様に介護旅行にご出発いただき、大変嬉しく思っております。

トラベルヘルパーの皆さんにはご尽力とご協力いただき感謝しております。

来年も社員、トラベルヘルパーが一丸となり、

お客様に多くの介護旅行を提供してまいりたいと思いますので

どうぞよろしくお願いいたします。

良い新年をお迎えください。


【宮下典子】

地元群馬の細野さん(要介護5)の旅行を実現したくて4年前にトラベルヘルパーを目指しました。

そして介護旅行の仕組みづくりをするために3年半前にあ・える倶楽部にやってきました。

3年間はどんなに大変なことがあっても会社をやめないと決心して、それだけを支えにしていたこともありました。

震災の直後、トラベルヘルパーの介護旅行が必要なら、あ・える倶楽部は必ず息を吹き返すと信じました。

今年をのりこえた今、途中であきらめなくて本当に良かったと思います。

出会いと別れの多い一年でしたが、一緒にがんばれる仲間が増えたことが何よりも嬉しいです。

ありがとうございました。


【安川さつき】

2011年、いろいろありました。

トラベルヘルパー業務中に地震に遭って帰宅難民になったり、ツアーコンダクターデビューしたり。

たくさんのステキな方と出会い、助けていただき、一人で仕事しているのではないということを改めて実感しました。

ヤスカワ今年の一文字は「縁」です。(縁結びのお守りは仕事の方で効果てきめん。)

みなさま本当にありがとうございました!

来年は今年よりさらにステップアップできるよう、

明るく元気にがんばります。


【篠塚ときお】

2011年も終わってみれば「あっ」という間でした。

ほんとに。

来年はこれまで以上に介護旅行を増やしてトラベルヘルパーの活躍出来る場を増やしていきたいと思います。

「あなたのまちのトラベルヘルパー」。

ひとりでも多くのトラベルヘルパーを増やして、ひとりでも多くの方に介護旅行にでかけてもらえるようにしていきます。


【工藤佑子】

工藤です。

おかげ様であ・える倶楽部は昇り竜の勢いでございます。

来年も宜しくおねがいします。


【赤津舞】

今年の1文字は「進」。

1歩進んだと思ったら、3歩戻ってみたり、また1歩進んだと思ったら、1歩戻るような1年でした。

ハードルを越えるようにテンポよく進んでいけると良かったけれど、なかなか思うように進まずもどかしいと思うこともあったり…。

ただ今は1歩ずつ、各駅停車のように確実に確認しながら歩んでいきたいです。


【伊藤絵美】

今年は私にとって「変化」の年でした。

大学を卒業し、学生から社会人になった事、3.11をきっかけに絆を強く意識するようになった事。

SPIへ入社して被災地支援を担当し、被災地へ実際に行った事、添乗員デビューをした事、THデビューをした事等、

去年の自分が、まさかこんな仕事をするなんてと想像もしなかった事を経験することができました。


【磯田知里】

今年の磯田を一文字で表すと「失」ですが、仕事に関しては「学」です。

内勤から現場に切り替えたことによって、いろいろなお客様にお会いし、いろいろな場所に行きました。

内勤では学べないことや発見がたくさんありとても勉強になりました。

現場で困ったことや大変なことに遭遇しても、お客様の「笑顔」と「ありがとう」の言葉でとても嬉しい気持ちになれました。

やはり自分は現場がいいと感じました。

これからもたくさんの現場に出て、お客様とその周りの人たちの笑顔がみたいです。

来年の目標は「海外進出」です。

旅程管理の海外資格を今月取得できたので、ツアーコンダクターとして、トラベルヘルパーとして、研修インストラクターとして海外に行きます!!

英語も頑張ります!




来年も、引き続きどうぞよろしくお願いします。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示