「介護旅行等関連事業者によるビジネスモデル検討会」開催されました。

平成23年度医療・介護等関連分野における規制改革・産業創出調査研究事業
(医療・介護周辺サービス産業創出調査事業)における介護旅行等調査事業

「介護旅行等関連事業者によるビジネスモデル検討会」開催されました。

20120126.jpg




弊社代表から主催者挨拶と開催趣旨の説明をさせていただき、さっそくプログラム開始です。


第一部は、介護旅行をご利用いただいている
あ・える倶楽部のお客様である山口初位様にご登壇いただきました。

お父様が撮ったを片手にお話ししてくださいました。

20120126 (2)

開聞岳をセスナで見る、、、という壮大な旅行から始まって、

北海道旅行、上高地と、お父様と介護旅行で親孝行を続けていらっしゃいます。

お父様と二人で浅草にも行かれました。

トラベルヘルパーの旅行先での介助の様子を見て、

近くの外出や、小さなお出かけに私が一番自信をつけた、と。



もっと外出しやすい社会になるための公共交通機関や観光地、宿泊施設、食事処などへの

ご提案にはとても説得力がありました。





第二部は、分野別課題検討・ワークショップ。

グループごとに分かれて、KJ法で
「介護旅行推進型社会になるためにクリアしなければならない課題の抽出」作業を行いました。

20120126 (3)


活発な意見交換がされました。


そして、分野別にグループ代表者が発表しました。

20120126 (6)



休憩をはさんで、第三部は、

東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター専任講師
星加良司先生の特別講演です。

「包摂(インクルージョン)のための社会デザイン -障害学の視点から-」


20120126 (5)

星加先生は、私にとって、難しいなと思うことを、

シンプルに、ニュートラルな見解で、頭の中を整理してくれます。

個人的に大好きな先生ですので、お話を楽しみにしていました。


お話の中で、

「覚悟しなくても外出できる社会を」と、おっしゃっていましたが、

あ・える倶楽部にお問い合わせ下さるお客様はみな覚悟をもってお電話くださいます。

が、一度、トラベルヘルパーと外出や旅行に出かけられると、

「覚悟」が外れ、次は「気軽に」外出や旅行を楽しまれるようになります。


またここでも、星加先生に大きな気づきをいただきました。




その後、各グループのファシリテーターからの発表です。


『送 る』医療・介護グループ

杉山 徹 氏
(トラベルフリーの会前代表、元JTBクルーズ開発担当部長、(社)セカンドライフ協会委員)

20120126 (9)


『結 ぶ』交通・運輸

石川 紀文 氏
(淑徳大学サービスラーニングセンター長、アクセシブル盛岡代表、人に優しい地域の宿づくり賞他表彰多数)

20120126 (7)



『受ける』宿泊・観光

秋元 昭臣 氏
(ラクスマリーナ専務取締役、元京成ホテル企画部長、「バリアフリー化功労者表内閣総理大臣賞」)

20120126 (11)



『繋 ぐ』旅行コーディネイト

小野 鎮 氏
(もっと優しい旅への勉強会事務局長、元明治航空サービス代表取締役社長)

20120126 (10)


それぞれのファシリテータの報告を

NPO日本トラベルヘルパー協会事務局長の西野さんがまとめます。 

20120126 (4)

西野さんは、時間通りの名司会者ぶりも発揮して下さいました。



そして、統括として、

弊社代表が「介護旅行等関連事業者によるビジネスモデル」について発表させていただきました。

20120126 (13)


経済産業省のご担当者からもごあいさついただきました。

20120126 (12)


最後に、私からお礼のごあいさつをさせていただき、終了とさせていただきました。

20120126 (14)



いろいろな立場、いろいろな地域、いろいろな職種の方が参加されているからこその意見は、

大変参考になりました。


その上でますます「介護旅行」「トラベルへルパーサービス」に

まい進していくことを再確認させていただきました。



SPIをご利用下さるお客様は「介護旅行」の旗を目印にお問い合わせ下さいます。


山口様はじめSPIをご利用下さるお客様の方を向いて、

SPIのお客様を大事にしながら、仕事をしていこうと改めて考えました。




とても有意義で、内容の濃い討論会、参加くださった皆様に感謝申し上げます。



会場を提供下さいました株式会社日本総合研究所様、ありがとうございました。

コメントの投稿

Secret

No title

検討会は、大変興味深く展開されました。  4つのグループに分かれての検討は、経験豊富な人、緒に着かれた方、これからの時代に必須だと思われる方などそれぞれの立場で捉え方には幅がありましたが、それだけに検討課題も多いこと、普及を促進する上でどのようなことが望まれるのか、浮き彫りにされたような気がします。
主催者としての各部署を受け持たれた皆様、お疲れ様でした。
                                              小野 鎭
プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示