ケアスタッフの経験を持ち、トラベルヘルパーサービスを行って感じたこと

あ・える倶楽部で活躍するトラベルヘルパーは、ケアスタッフとして介護の現場で働いた経験のある人が多いです。

その中の一人、トラベルヘルパー松本さんに、トラベルヘルパーサービスについて書いていただきました。


201206TH松本千佳さん



トラベルヘルパーという仕事があることを知って不可能だとあきらめていたことが可能になる、

すばらしいこんな仕事があったのかと思いました。

トラベルヘルパーの仕事をさせていただくと、

旅をすること、外に出て非日常の時を過ごすことが人の心に与える栄養の大きいこと。

個人旅行なので個別対応、

個人の希望に沿うことは、

集団生活や集団行動を強いられるケアの場での抱えるストレスから開放され、

その人自身になれることだと思います。

ケアも個別化が重視され、個々のニーズを拾うべくアセスメントが重視されています。

個人の外出、個人旅行の支援を介護保険で実施する必要性はあるか。

ケアプランにのせるには根拠が必要。

介護保険が使えなければ、ボランテイアか有料か。

わがままどうぞご遠慮なく、この介護旅行は有料だから可能になっている。

安くないお金を出してでも旅行がしたい!と思う気持ちに、

精一杯応えた旅行計画とサービスが出来たとき感動が味わえるのだと思います。


20120525.jpg

同期のトラベルヘルパーのみなさんと。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示