スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルピコグループさんで「介護旅行セミナー」三位一体となってトラベルヘルパーマインドで地域を活性しよう

昨日、弊社代表は、信州松本に、

アルピコグループ様スタッフ向けの「介護旅行セミナー」で、お話しさせていただきました。

20121212 (2)


介護旅行とは、

バリアフリーなところに行く、と、思いがちですが、

あ・える倶楽部では、

バリアフリーでなくてもバリアフルでも、

トラベルヘルパーと「行きたい所」に行くというのが、コンセプトです。


まず、そこを理解してないと、お客様の外出や旅行の希望を叶えられません。


今回のセミナーでは、

「介護旅行とはなんぞや?」「トラベルヘルパーってどんな人材?」ということを、

グループ全体で、共通認識していただけるようなセミナーとさせていただきました。


アルピコ観光サービスご担当者様からは、

本日は篠塚代表にお話をいただき、充実したセミナーとなりました。

ご協力に感謝申し上げます。

質疑応答の時間も、当社社員、社外の参加者の皆様ともに多くの質問があり、

いただいたお話が十分に伝わったものと感じられました。

アルピコグループ全体で「超高齢社会」に向けた取り組みを検討していくきっかけになれば、

と考えております。


と、早速メールをいただいております。



代表は、その後、松本大学の観光ホスピタリティ学科、佐藤教授をお伺いしました。

20121212.jpg
佐藤教授と、観光ホスピタリティ学科の学生さんと、
松本市役所の塩原さん(左後ろ)、アルピコ観光の小河原さん(右後ろ)と。



信州を介護旅行で訪れるならば「アルピコさんだよね」と、

お客様に安心して信州を楽しんでいただけますよう、

SPIあ・える倶楽部は、これからもアルピコグループ、松本市、松本大学の皆さんと一緒に、

信州をトラベルヘルパーマインドで活性化することに力を注いでまいりたいと思います。



アルピコグループ、松本市役所、松本大学の皆さま、

ありがとうございました。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

篠塚千弘

Author:篠塚千弘
東京渋谷の株式会社SPIあ・える倶楽部で、ご高齢の方、お身体の不自由な方の外出支援しています。旅行はもちろん、お墓参り、ふるさと訪問など、要介護の方、認知症の方、ご高齢の方の外出全般の相談を承ってます。
ご本様の「希望」を叶えるお手伝いはもちろん、介護疲れのご家族さまの応援サポートもしています。
トラベルヘルパーサービスは、いつも感動感激がいっぱいです。

   

カテゴリ
最新記事
最新コメント
介護旅行にでかけませんか
リンク
Facebookページ
つぶやき中
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。